アフィリエイトで稼ぐために初心者の方が意識してほしいこと

-shared-img-thumb-PAK95_sunadokei20141018123010_TP_V

One done is half done!

初心者の方でも分かっていることですが、考えているだけでは、アフィリエイトで稼ぐことはできません。

 

「収益が上がりません」という話を聞いて状況を聞いてみると、自分の判断でいくつも手順を飛ばしている。

 

面倒な作業をしていない。手を付けることすらしていないことがほどんどです。

 

アフィリエイトで稼ぐことが出来ない人の9割以上が、アクションを起こしていない。

 

「現実的なアフィリエイト講座」に参加しても、送られてくるメルマガを読む作業すら手を抜き、読んだ気になっている人が多いのが現状。

 

それは教材にしてもしかりです。教材を買って満足してしまう。

 

もしくはやる前から、初心者の自分には、出来ないと判断しています。

 

例えば、ブログを始めて1週間後、「やったけどアクセスがない、これは稼げない。」、こんなことを平気でいう人いる。

 

これでアフィリエイトで稼げたら、みんながお金持ちになってしまいます。

 

何もしない人が多い中、正しい行動が出来たらどうでしょう?

 

「一度始めれば半分は終わったようなものだ」、この言葉が示すように初心者でも、手を付けてみると案外やれてしまうものです。

 

やれるということは稼ぐことが出来るということ。それでもやらない人が多いのはなぜか?

 

それは、「アフィリエイトで稼ぐ目標が明確でない」、これが1番の原因。

 

何のために稼ぐのか?これが明確ではないのです。

 

仕事には目標が必要。会社でも今月の目標、今年の目標があると思います。

 

それがない会社は、成長しないでしょう。早めに見切りをつけたほうがいいですよ。

 

アフィリエイトも同じ。お金を稼ぐ以上、仕事ですから目標を立てなければいけません。

 

ここで、反論する人もいるかもしれません。目標はしっかりもっているよ。「アフィリエイトで30万円稼ぐ」この目標を持って始めたのだから・・・。

 

しかし本当に目標ですか?「アフィリエイトで30万円稼げたらいいな」、という淡い期待ではないですか。

 

強い信念を持つ必要があります。自分は絶対にアフィリエイトで30万円は稼ぐ、という確信をって臨むのです。

 

思考は現実化する。これは精神論でも根性論でもなく、実証されている事実です。

 

稼ぐことが出来る人は、自分は稼ぐことが出来る、という信念を持って行動しています。

 

アフィリエイトで100万円稼げないはずはない。と思って行動するから、「面倒くさそう」、「時間がかかるかも」、「無駄なんじゃないの」、と考える暇もなく前に進めるのです。

 

その結果が30万円だとしても、次は大丈夫と前に進み続けて、結果、目標を達成します。

 

初心者だからとかは、全く関係ありません。

 

急ぐ必要はありません。今想像できる目標からスタートしていいと思います。

 

パート代が5万円なら5万円。給料が30万円なら30万円は、想像できるのではないでしょか?

 

まずは想像できる目標金額を決めましょう。5万円の目標なら1日1700円です。報酬額2000円のものを、1日1個売れば目標達成です。

 

目標30万円の人は、報酬額2000円のものを、1日5個でOKです。3000円のものなら約3個ですね。

 

自分で理解しやすいように細分化するのはいい方法です。

 

これは、金額が100万円になっても何も変わりません。人が出来ることは自分にも出来る。と思って間違いありません。

 

効率的かどうかの違いだけです。仕事量でカバーできます。

 

決めていただきたい事
1、稼ぎたい金額
2、期限を切る
3、作業に何時間使えるか
今から決めましょう。

 

そしてすぐに始めましょう。One done is half done!です。

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

管理人について

tesshi180
 
テッシです。
 
現在南の島でのんびりと、
アフィリエイトをしながら暮らしています。
 
今まで色々な人に、迷惑をかけてきたので、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人たちを、応援できればと思っています。
 
詳しいプロフィール
 

無料メルマガ配信中

現在実践中のノウハウと実践手順を示したメルマガを始めました。
 
新しい無料メルマガを体験したい方は下記から
 
現実的な
アフィリエイト講座

 

お問い合わせフォーム

質問や相談はいつでもお気軽にご連絡ください。
 
必ず返信させて頂きます。

 
お問い合わせ
 

このページの先頭へ