フロントエンドとバックエンドを理解する(アフィリエイト編)

フロントエンドとバックエンド

よく聞く言葉だけど、あまり理解していない言葉に、フロントエンドとバックエンド、という言葉があります。

 

今回は、アフィリエイトの場合を、例にとって書いていきます。

 

よく高額なバックエンドがあった、ということを聞きますが、DRMでは、当たり前の事なんですよ^^

 

フロントエンドとは

検索エンジンや、ASPなどで見つけることが出来る、セールスレターで、販売されている商品が、フロントエンドと言われるものです。

 

セールスレターは分かりますよね。縦長の商品を売る為の手紙のようなもの。

 

フロントエンドは言葉通り、前に出す商品。集客の数を重視しています。

 

つい先日記事にしましたが、マーケティング手法の中に、DRMがあり、DRMの中でも、集客が最も難しい。

ダイレクトレスポンスマーケティング【DRM】

 

その集客の手段は、色々ありますが、その一つとしてフロントエンドが使われる。

 

ですから、フロントエンドは、比較的手に入れやすい価格帯に、設定されています。

 

金額にして安いものは1,000円位からあり、高くても3万円位が多い。

 

とにかくたくさんの人に、買ってもらうのが目的なので、買いやすい価格でないと、意味がありません。

 

当然金額の設定が安いので、利益を出そうと思っておらず、トントンであればいいわけです。

 

商品の特徴としては、完成されたものはない、ということが言える。ノウハウの場合も入口であったり、触り部分がほとんど。

 

具体的な方法論ではなく、それで問題が解決できるものはない。と思って間違いありません。

 

私たちアフィリエイターがアフィリエイトする商品、つまりASPに登録されている商品のほとんどがフロントエンドです。

 

販売者側も、利益を求めていないため、アフィリエイト報酬が、高いものが多い。

 

とにかく数を売ってほしいので、アフィリエイト報酬が最大で、88%というものまで存在します。

 

考えてみて下さい。

1万円の商品で88%の報酬を払うと、残りは1200円です。手数料等を払うとトントンがいいところ。

 

でも目的が集客なわけですから、数が売れれば目的は、達成されるわけです。

 

アフィリエイターも売りやすい。「販売者は、利益度外視で提供しています。」なんて言うわけ。

 

バックエンドとは

先ほどの反対で、バックエンドは、前の反対ですから、後ろ。

 

フロントエンドの後に出てくるもの、これがバックエンドです。フロントエンドの後に出てくるものは、全てバックエンド。

 

バックエンドで重要なのは、ふるいにかけること。

 

フロントエンドで、集客は終わっているので、次は、DRMの教育。たくさん集めた中から、ふるいにかけ教育していく。

 

教育は、共感してもらうことですので、ここは重要です。コピーライティングのスキルが、大事になってきます。

 

この教育で、ある程度共感が得られたと思ったら、バックエンドを紹介していく。

 

バックエンドは、高価だと思って間違いありません。10万円から100万円以上まで色々ですが、とにかく高いです。

 

これは当たり前のことで、これまで利益は出ていませんから、ここで収益を上げなくてはいけません。

 

DRMの集客、教育、販売の販売にあたります。この販売にはアフィリエイターは、絡みません。

 

アフィリエイターが、アフィリエイトするのは、フロントエンドのみです。

 

例外もあるかもしれませんが、基本的には、DRMの集客後に、第三者が絡むのはおかしなこと。

 

ですから、バックエンドは、フロントエンドの販売者が、直接販売する。これが普通です。

 

先ほども言いましたが、これまで利益を出していませんので、利益の追求をする必要があります。

 

利益率を最大にするには、自分で売るのが一番。当たり前のことです。

 

では、商品の特徴は?

 

先ほどのフロントエンドと違い、バックエンドは、具体的な方法論や、問題の解決法が得られるのが普通です。

 

フロントエンドでのモヤモヤが解決する。その価値がないと、バックエンドの意味がありません。

 

また、バックエンドは、フロントエンドの購入者しか、手に入れられません。当たり前ですが、フロントエンドと連動しているのが、バックエンドです。

 

フロントエンドを購入しているから、必要性を感じるのであって、そうでなければ、いきなり高額のものを買う人は稀(笑)

 

フロントエンドとバックエンドについて

アフィリエイトでよく出てくる、フロントエンドとバックエンドですが、これは、ビジネスとしては、真っ当なビジネスです。

 

よく「バックエンドを売りつけてきた。汚い連中だ」みたいな話を聞きますが、商材が詐欺であればそうなるのですが、本来は、素晴らしいビジネススタイルだということを、知っておいてください。

 

何度も出てきているDRMもそうです。集客・教育・販売という流れで、アフィリエイトしていきますが、それは一つのマーケティング手法であって、素晴らしい手法の一つ。

 

悪用する人がいるので、悪いイメージを持っている人もいますが、そういう人は、必ず自分で責任を取る時が来ます。

 

あなたもこれから、フロントエンドとバックエンドをはじめ、色々なことを学び、人のためになるビジネスが出来るように、頑張ってください。

 

少しでも、あなたの役に立つことが出来れば、うれしく思います。

 

コメントを残す

CAPTCHA


サブコンテンツ

管理人について

tesshi180
 
テッシです。
 
現在南の島でのんびりと、
アフィリエイトをしながら暮らしています。
 
今まで色々な人に、迷惑をかけてきたので、アフィリエイトで稼ぎたいと思っている人たちを、応援できればと思っています。
 
詳しいプロフィール
 

無料メルマガ配信中

現在実践中のノウハウと実践手順を示したメルマガを始めました。
 
新しい無料メルマガを体験したい方は下記から
 
現実的な
アフィリエイト講座

 

お問い合わせフォーム

質問や相談はいつでもお気軽にご連絡ください。
 
必ず返信させて頂きます。

 
お問い合わせ
 

このページの先頭へ