GDTの公式

コピーライティングでは、ただ良い文章を書けば、それでいい。という訳ではありません。

 

メルマガであれば、メルマガ読者の心、つまり、欲望や欲求を刺激する、必要があるわけです。

 

 

その欲望欲求を刺激する公式が、本日のテーマ、「GDTの公式」

 

 

それでは、GDTとはなにか?それは、人間が持つ3つの欲求の、英単語の頭文字をとった造語です。

 

Goals(3大目標)

Desires(3大願望)

Teasers(3大本性)

 

3×3=9で、合計9つの欲望を刺激することによって、メルマガ読者の反応を、より良いものに変えていくことが可能。

 

それでは、いつもの通り、1つずつ見ていきます。

 

3Goals(3大目標)

人間は、意識している、意識していないにかかわらず、3つの目標を持っています。

 

Time (時間)・・・時間をかけたくない

Money (お金)・・・お金がほしい

Effort   (努力)・・・努力したくない

 

分かりやすいですね。

 

人間は、本来、怠惰な動物、怠け者だということ。

 

でも正直、みんなそうではないですか?それが、理想であり、目標なんです。

 

3Desires(3大願望)

願望は、人間が行動する際の動機。

 

Greed    (貪欲)・・・富・名声・名誉が欲しい

Lust       (好色)・・・美しくなりたい・異性にモテたい

Comfort (快適)・・・苦痛から逃れたい

 

この願望を刺激することにより、メルマガ読者に、あなたが望む行動を、とらせることが可能になる。

 

これも全部、ほとんどの人が望むことですね。これを満たしてくれるなら、私も言うことを聞いてしまいます。

 

3Teasers(3大本性)

本性、それは、人間が潜在的に持っている本質。

 

Curiousty    (興味)・・・もっと知りたい

Controversy(物議)・・・常識を裏切る

Scarcity     (希少)・・・限定

 

「常識を裏切る」は、人は、自分の常識が良い意味で裏切られると、興奮状態になります。

 

人間の本性に訴えることにより、より良い反応を得ることが出来る。

 

GDTの公式のまとめ

 

GDTの公式では、その強さも理解しておく必要があります。

 

3Goals     ・・・弱

3Desires  ・・・中

3Teasers  ・・・強

 

3Goals<3Desires<3Teasersとなります。

 

GよりDが、DよりTの方が、反応がいいということです。

 

メルマガを書く際は、このことを頭に入れ、メルマガの記事に、より多くをちりばめていきます。

 

だからといって、無理に全てを入れる必要はありません。

 

大事なのは、自然な文章であること。読みやすい文章です。

 

9つの内、出来るだけ多くを入れたほうが、より反応がいい記事になるのは、間違いないですが、不自然にならないよう気を付けて下さい。

 

あなたのメルマガで活用してみては。